Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出来上がってきました!センサフォニックスのイヤモニ

12月に耳型をとって注文してきたイヤモニが今日出来上がってきました

前にもお話しした様に、私は今まで片耳だけイヤモニを使ったいたのですが、

やはり両耳のが必要だな~という仕事現場がいくつかあったもので、今回作ってきました。

今回も勿論センサフォニックスのイヤモニです。

           DSC01405_convert_20100201005725.jpg

フィッティングしましたが、バッチリです 

そして今回はイヤープラグも作ってもらいました。いわゆる耳栓ですが、普通の耳栓とは訳が違うのです。

普通、耳栓をしたら、周りの必要な音が聞こえにくくなってしまいますよね?

ところが、このイヤープラグは、長時間のリハーサルを行うミュージシャンや、音量の大きな環境で長時間の業務についている人に

最適なイヤー・プラグ。

従来のいわゆる「耳栓」は、耳に聞こえている周波数帯バランスに関係なく、音をふさいでしまうために、こもった音になるのが通例だったのですが、

この「イヤー・プラグ」は人間に聞こえている周波数帯のバランスをほぼ忠実保ったまま、音量を下げるために、

音楽の練習などで利用した場合、自然な音楽に聞こえてくる、という事なんですね。

爆音ばかり聞いていると少しずつ難聴気味になってくるので、このイヤープラグで耳を守る訳です。

DSC01406_convert_20100201005757.jpg        DSC01408_convert_20100201005826.jpg

とにかく優れものです

今日センサフォニックスの日本の代表、政次さんと色々お話ししてきましたが、この政次さん、つい先日まで

韓国のオーケストラからのイヤモニ発注があり韓国に行ってきたそうですが、私からすると

「クラシックのオーケストラの方でもイヤモニが必要なの?」という考えでしたが、音にシビアだからこそ必要なんですね。

センサフォニックスのイヤモニは、今後も音楽を仕事にする者達にとって魅力的なイヤモニが開発されてきそうな気配が...。

アメリカでは故マイケルジャクソンもこちらセンサフォニックスのイヤモニを使用していたそうです。

しかも、あの『THIS IS IT』のメンバーも全員、だそうです(今日、初めて知りました

アメリカではセンサフォニックスのイヤモニ、本当に有名なんですね。

あ、前回も申し上げた通り、わたくし、決してセンサフォニックスのまわし者ではありませんから~~~

でもね、ずっと使っていてすごくイイって実感してます。

これからイヤモニを作ろうと思っていらしゃるミュージシャンの方がいましたら、絶対お勧めです。

間違いないしです。


ちなみに、国内&海外では

日本のアーティスト(2004年11月から日本発売)

* アンジェラ・アキ 石黒彰(keyboad) 稲垣潤一 岩崎宏美 浦嶋りん H.Y. 新里英之 H.Y. 仲宗根泉 大塚愛
スキマスイッチ 大橋卓弥 小田和正 稲葉政裕(小田和正2005Tour/guitar) 有賀啓雄(小田和正2005Tour/base)
栗尾直樹(小田和正2005Tour/guitar) 角松敏生 アクアタイムズ 金森太志 金子信昭(RIZE?drummer 河口恭吾
氣志団 伊藤ノブ 氣志団 夜王純一 倖田來未 コーネリアス コブクロ 小渕健太 コブクロ 黒田俊介
* 櫻井敦司 島谷ひとみ シャカラビッツ・King シャカラビッツ・Uki シャカラビッツ・Take- 白根賢一(drummer)
瀬尾一三 世良公則 高橋真梨子 田辺晋一(Percussions) チャゲ&飛鳥 * TUBE前田亘 TUBE春畑道哉 DJオズマ
DefTech Shen DefTech Micro DREAMS COME TRUE・中村正人 DREAMS COME TRUE・吉田美和 長渕剛 bird 元ちとせ
林立夫(Drums) 平井堅 平原綾香 Bennie K Yuki Bennie K Cico ヘンリー広瀬 前川清 松永俊弥(Drums)
宮脇知史(Drums) 森山直太朗 矢井田瞳 山本譲二 ゆず・岩沢厚治 * ゆず・北川悠仁 吉井和哉 古田宣司(Drums)
吉田拓郎 YMO・高橋幸宏 YMO・細野晴臣 渡辺建(bass) 渡辺美里


海外のアーティスト

* 1000マニアック * 50セント * パーフェクトサーク * アリス・ピーコック * アリソン・クラウス・アンド・ユニオン
* ステーション * アートガーファンク * アヴェリ * バリー・マニロウ * ベターザンエズラ * ビッグバッドヴードゥダディ
* ビッグヘッドトッド&ザ・モンスターズ * ビリー・ジョエル・バンド * ブラックサバス * ブラッカリシャス
* ブルーマングループ * ブルーマール * ブルーストラベラー * ボディーンズ * ボストン * ボズ・スキャッグズ
* ブライアン・セッツァー・オーケストラ * ブラザー * ブッシュ * ボン・ジョヴィ * カーブ * シー・シー・ウィナンズ
* チャプター・シックス * チープトリック * クリス・トムリン・バンド * クリストファー・クロス * シルク・ドゥ・ソレイユ・アレグリア
* シルク・ドゥ・ソレイユ・ビロクシー * シルク・ドゥ・ソレイユ・ドラリオン * シルク・ドゥ・ソレイユ・キダム
* シルク・ドゥ・ソレイユ・サルティンバンコ * シルク・ドゥ・ソレイユ・ヴァレキ * コヒード・アンド・カンブリ * コールドプレイ
* コーリー・グローバー * クロスビー・スティルス・アンド・ナッシュ* クロスフェイド * クリスタル・メソッド * ダークスターオーケストラ * ダッシュボード・コンフェッショナル * デーブ・マシューズ・バンド * デイズ・オブ・ザニュー
* ディスコ・ビスケッツ * ディズニー・オン・ザ・ロード * ディスターブ * ドープ* ドゥイージル・ザッパ
* イーグルス * エドウィン・マッケイン * エミネ * エヴァネッセンス * エヴァークリアー * ファブ・フォー * ファストボール
* フロッギンング・モリー * フォーリナー * フュエル * ガーベッジ* ゲーリー・アラン・バンド * ジォフ・テート・バンド
* ゴッドスマック * グー・グー・ドールズ * ホール・アンド・オーツ* ハービー・ハンコック* フーバスタンク
* ヒューイ・ルイス・アンド・ザ・ニュース* ハイブリッド * インディゴ・ガールズ* ジェームス・テイラー* ジャネット・ジャクソン
* ジェム * ジュエ * ジョー・サトリアーニ・バンド * ジョン・メイヤー・バン * ジョン・オーツ * ジョイス・メイヤー・ミニストリーズ
* ジャニータ・バイナム* ジューダス・プリースト* ジュラシック・ファイブ * ケリス * ケリー・オズボーン * ケ二ー・アロノ
* キンキー * コーン * カート・エリング* ランス・パッラ * レフトオーバー・サルモン * ライフ・クリスティアン・センター
* リンプ・ビズキット * リンダ・ロンスタッド* リサ・ローブ * リズ・フェアー* ロス・ロボス * ロス・タイガース・デル・ノルテ
* ルー・リード* ルイス・ミグエル * ルーサー・ヴァンドロス * マーズ・ボルタ * マッシブ・アタック
* メデスキ、マーティン・アンド・ウッド* メレディス・ブルックス* マイケル・マクドナルド * ミニストリー * ミニー・ドライバー
* モエ* ムーディー・ブルース * マウント・ホープ・チャーチ* ムービン・アウト * ムービン・アウト・ツアー * マッド・ベイン * ミュージック * ナジー * ナタリー・コール* 二ール・ダイアモンド* ニール・ヤング・バンド * ニッカ・コスタ* ニーナ・ゴードン* ノース・ミシシッピー・オール・スターズ* オークリッジ・ボーイズ* オー・エー・アール
* オビー・トライス * ワントリックポニー * オゾマトリ* オジー・オズボーン・バンド* パパ・ローチ* パット・グリーン・バンド
* パット・メセニー・グループ* パット・マクギー・バンド* パトリシア・バーバー* ピート・ヨーン* ファントム・プラネット
* フィラデルフィア・シンホニー・オーケストラ* プラスティックマン* ポイ・ドッグ・ポンダリング* プライマス* プリンス
* パフ・ダディ * クイーンズライク* レオ・スピードワゴン* レット・アキンズ * リングリング・ブラザーズ
* リバーダンス-ラガン * リバーダンス-リフィー * リバーダンス-シャノン* R.ケリー
* ロバート・ランドルフ&ザ・ファミリーバンド * ロビー・ドゥラコ・ローザ・バンド* サラ・マクラクラン* シンプリー・レッド
* スージー&ザバンシーズ* シスター・ヘーゼル * スレーヤー * パク・ヨンハ * スマッシュ・マウス
* ソーシャル・ディストーション* ソニア・ダダ* ステインド* スタティック・エックス* スティーブ・アール・バンド
* スティーブ・ウィンウッド* ストリング・チーズ・インシデント* スティックス* サム・フォーティワン* スパーシック

政次さん曰く『ここ3年ぐらい更新をしていないので、本当はもっと増えているんですが、なかなか更新する時間がなくて』との事。
お忙しい方なのでそりゃあ仕方ないですよね..と頷いてしまった私です。でも、更新、しましょうよー、政次さーん!
ここには確かにマイケルジャクソンの名前が載っていませんものね(ジャネットジャクソンの名前はありますね)
故マイケルがコンサートをする前に他界してしまったので、リハーサルのみの風景を『THIS IS IT』で観ましたが、
確かにイヤモニしていましたね。そしてイヤモニに慣れていないマイケルが最初は「こういうものには慣れてないから..」
と言っている場面もあり、コンサートが出来なかった事、観れなかった事がとても残念です。
偉大なるスーパースターの初イヤモニ着コンサートのはずだったのに....。
あの完璧な歌声&リズムが更に完璧になったんでしょうね、きっと。。。。

スポンサーサイト

Comment

ありがとうございます 

詳しいお返事ありがとうございます
的外れな質問でなくてよかったです

凄く魅力的な耳栓ですね
それと、安奈さんの詳しい説明で、耳栓への意識が変わりました
耳栓って、音を遮る為のものとしか考えてなかったので
とっても勉強になりました
安奈さん、ありがとうございます
  • posted by よっち 
  • URL 
  • 2010.02/03 13:56分 
  • [Edit]
  • [Res]

よっちさん 

いい質問ですねーi-234
そう、ライブを見に行った時に、スピーカーの真横もしくは真ん前になってしまった、
という事、ありますよね。
そういう時、ライブが終わって耳がボワ~ンとして遠くなっていませんか?
私はそういう経験、あるんです。
センサフォニックスの耳栓は、その様な事も防げます。
耳栓をしてもライブ全体の音はちゃんと聞こえますし、逆に耳栓をした方が良い感じで聴こえてきます。耳を守りながらも音に関しては何も問題ないんです。
これがこのイヤープラグの魅力であり、素晴らしいところですね。
爆音を聞き過ぎると、そしてイヤホンで音量大きめで音楽をしょっちゅう聴いたりしていると、徐々に耳が遠くなってきちゃうという話しをよく耳にします。
プロミュージシャンの中にも実際そういう状態になってしまっている方もいますので、
よっちさんも気をつけて下さいね。
  • posted by 安奈陽子 
  • URL 
  • 2010.02/01 22:39分 
  • [Edit]
  • [Res]

イヤモニと耳栓 

安奈さん、センサフォニックスのイヤモニの素晴らしさがとっても伝わってきました
私は、イヤモニのこと知らないですし、他メーカーも知らないのですが、

耳栓も素晴らしいですね。音楽する人にとって耳は本当に大切ですね

ふと思ったのですが、
耳栓のちょっと違う利用方法で、例えば、ロックバンドのライブで、スピーカーの真ん前の席になった時など、その耳栓を使うってありなのでしょうか?
すいません、何だか変な質問ですが。

  • posted by よっち 
  • URL 
  • 2010.02/01 16:18分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

安奈陽子

Author:安奈陽子
安奈陽子Website





無料アクセス解析

最新記事

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。