Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイケルジャクソンの本

先日、ブログにアップしたにも関わらず自分の手違いで削除してしまったこの「マイケルジャクソンの教科書』



読まれた方もいると思います。

私は友人が貸してくれて読む機会に恵まれました。

マイケルジャクソンの曲って、私がディスコに行ってた頃に流行っていたんですが、

その当時、わけも分からずただ『この曲が一番好き!というノリで踊っていたのが「BEAT IT」
(年がバレてきちゃいますね

何年も経ってからその曲を歌っていたのがマイケルジャクソンだと知った私は相当アホですが

ともかく、後半のマイケルジャクソンは 真実がどこにあるのか分からない程様々な事を言われ、

「え~っ、マイケルジャクソンってそんな人だったの~」と愕然とさせられた世界中の人々。

ご本人の沈黙が多かった故、事実がなかなか表に出てこなかった、という事なのでしょうかね。

私は、この本を読ませて頂いて、マイケルジャクソンを嫌いにならずに済んでホントに良かったと思いました。

大ファンの方々なら当然知っていたかもしれない事でも、私の元まではそういう情報は入ってこなかったので、

報道されるがままにそれを鵜呑みにしてしまっていて、

『マイケルの曲(歌詞や歌も含み)は好きだし、踊りも凄いって思うんだけれど、私生活の部分、あれはどうなんだろう..』

などと言ってしまっていましたから。。。

マスコミが誰かを陥れようとして仮に嘘の報道を流したとしても、それを受け取った側は

『ああ、そうなのか』と思ってしまうところ、ないですか? 

マイケルの「肌が白くなる事」とか「整形手術」「少年虐待疑惑」に関しても全てアメリカのメディアが取り上げた内容を

そのまま受け取っていた訳です。

この本を読むと、表では話題にはなっていなかったけれど、しかし「重要な事柄」が色々と書かれてあり、

読み進めて行くと マイケルジャクソンの孤独さや人間不信に陥った辛さ、何故薬を投与しなければならなかったか..

子供時代からのトラウマから逃れられずに苦しむ姿、家族から利用される憤り、死にたくなる程辛かった時期、、、、

そんな様々な事柄が詳細に書かれてあり、

The King Of Popsと呼ばれていたにも関わらず、何故こんなに苦しみに襲われる人生を送らなけらばならなかったのだろう』

と、マイケルジャクソンが『生まれながらにして背負った運命』みたいなものを感じてしまった気がしました。


アメリカで人種差別がまだ酷かった頃にデビューし、後に、黒人が出れなかったテレビ番組の歴史を塗り替えたり、

常に新しい事と戦いに挑んできた凄い人だったんですね。

レイチャールズ、スティービーワンダー、マーヴィンゲイ、テンプテーションズ、スモーキーロビンソン&ミラクルズ、
ジェームスブラウン、ロバータフラック、ベンEキング、ルーサーヴァンドロス、アレサフランクリン、チャカカーン、ナタリーコール、
クインシージョーンズ、アースウィンド&ファイヤー、ジャクソンファイブ、そしてマイケルジャクソンなどを聴いて、
心の底から感動してきた私がいました。

しかし、ビリージョエルやビートルズ、エルトンジョン、レオンラッセル、ベットミドラー、キャロルキング、イーグルス、
シカゴ、エリッククラプトン、スティング、プリンス、エアロスミス、TOTO、ヴァンヘイレン、そしてカーペンターズetc
名前を挙げたらキリが無いのですが、 白人アーティストもこれまた大好きです!


素晴らしい楽曲やアーティストに、人種なんてホントに関係ないですね。


白人しか表紙を飾れなかった雑誌や、白人しかテレビに出れなかった番組、今では嘘の様です。

この、メディアにおける人種差別の歴史的な事柄を見事に塗り替えてくれたマイケルジャクソンの偉業に

今更ながら頭が下がります。

そして、世界旋風を巻き起こす程のカリスマ性と、その裏側にあった苦しみ。

正に対極の部分が隣り合わせでありながら、苦しみの部分は殆ど表に見せる事なく生き抜いたマイケルジャクソンに

改めて敬意をはらいたいと思います。

興味のある方は是非読んでみて下さいね
スポンサーサイト

Comment

ひゃあぁぁ 

安奈さん、ありがとうございます!
安奈さんにそんな風に思って頂いてて、大変光栄です

私は、ほぼ毎日?音楽で知らないことに出会います。曲だったり、楽器だったり、用語だったり、色々で面白いです
もっともっと音楽漬けになりたい思いがあったりします

20代前半で結婚して、結婚後も出来そうな仕事を~と考えて、医療事務で医院に勤めたのに、どこでどうなったのか、結婚のけの字も何処へやら、音楽に夢中になってしまいました

  • posted by よっち 
  • URL 
  • 2010.02/01 16:50分 
  • [Edit]
  • [Res]

よっちさん 

よっちさんは風邪もうすぐ治りそうですね?
私は、治ったかと思うとそうでもなく...という感じではありますが、
もうだいぶ良い感じですi-179

マイケルジャクソンの本、本当に沢山出ていますね。
私はたまたまこの本を友人が貸してくれたので読んだ訳ですが、
読んでみてよかった、というのが素直な感想です。

何はともあれ、音楽ってイイですね。
よっちさんは私なんかより沢山の音楽を聴いて、心で味わっている方だと思います。
ご自身でも音に携わっておられるしね。
音楽をこよなく愛するよっちさん、私はいつもそう思っていますi-80
  • posted by 安奈陽子 
  • URL 
  • 2010.01/30 05:55分 
  • [Edit]
  • [Res]

読んでみます 

安奈さん、風邪は治りましたか?
私は、あと少し咽がスッキリすれば完治って状態です

マイケルさんの本、色々出ていて、まだどれも手にとってはないのですが、まず読むなら、この教科書にしようと思います


ブルースなどは、奥が深く、私が聴いても決してその真の思いを解ることはできないのですが、音楽を通して伝えてくれてるものは知りたいと思います。


マイケルさんの音楽は、高校の時に、友人が凄くハマっていて尊敬していたのですが、私は、その時、他の音楽に夢中で、聴いてこなかったんですが、
その分?今、素直に楽しんでいます
  • posted by よっち 
  • URL 
  • 2010.01/28 16:14分 
  • [Edit]
  • [Res]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2010.01/27 22:44分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

安奈陽子

Author:安奈陽子
安奈陽子Website





無料アクセス解析

最新記事

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。